越後街道(会津街道)

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津五街道>越後街道(会津街道)
 
概要・歴史・観光・見所
越後街道概要: 越後街道(新潟県側からは会津街道と呼ばれていた。)は会津五街道の1つで現在の会津若松市と新潟県の新発田市を結ぶ街道です。特に江戸時代に発展し、新発田藩(新発田市−新発田城)と村上藩(村上市−村上城)の参勤交代に利用され、津川宿、野沢宿に本陣が置かれました。太平洋側と日本海側を結び、佐渡金山へ続く街道として三国街道と北国街道と並び佐渡三道の一つと数えられ五街道(東海道、中山道、甲州街道、奥州街道、日光街道)に次ぐ街道として重要視されました。物資の往来も多く越後側からは海産物、会津側からは米などが運ばれました。会津は古くから越後国、出羽国、下野国に通じる交通の要衝で南奥羽の中心とされました。江戸時代に入ると会津藩の藩庁、藩主居城が置かれた会津城の城下町として発展し、特に越後街道は日本海側の海産物を会津城下に搬入路、又、会津藩の年貢米を京都、大坂に運ぶ運搬路として重要視されました。新発田は新発田城の城下町として発展し、武家長屋や武家屋敷、藩主菩提寺(宝光寺)、藩主下屋敷の庭園((清水谷御殿))などが残されています。

越後街道の江戸時代後期の様子は文化13年(1816)に発刊された十返舎一九著の「金草鞋第八編」の「越後路之記」で記載され、難所である諏訪峠については「会津より越後新発田まで至る街道のうち、この峠ほど高く難儀なるはなし。暑い時分も峠は寒し。」と表現しています。幕末には吉田松陰も長州藩を脱藩して東北遊学の最中、会津城下を訪れ、越後街道を使い新潟に向かう途中、難所である諏訪峠で「雪甚だ深く、行歩甚だ難し」と語っています。戊辰戦争の際には比較的早くから奥羽越列藩同盟を脱退し新政府軍に転じた新発田藩から続々と新政府軍が雪崩れ込み、越後街道を南下して会津城下に進軍、赤谷宿や津川宿では激戦が繰り広げられ各宿場では大きな被害を受けています。明治時代初期にはイギリス人女性紀行家イザベラバードも日光から会津西街道を利用して会津に入り、越後街道の津川宿を経て新潟に向かっています。明治時代以降、近代的な交通網から外れた為、多くの宿場町は山村集落となりましたが、一里塚や、石畳、道標、落ち着いた町並みなどが点在しています。

越後街道のルート
会津城下−坂下宿−塔寺宿−気多宮宿−船渡宿−片門宿−本名宿−縄沢宿−
津川宿−綱木宿−赤谷宿−山内宿−新発田城下

スポンサーサイト

越後街道の見所
立木観音堂
立木観音堂
円蔵寺
円蔵寺
鳥追観音堂
鳥追観音堂
平等寺
平等寺
新発田城
新発田城


会津城の城下町
会津五街道
坂下宿
会津五街道
塔寺宿
会津五街道
気多宮宿
会津五街道
船渡宿
会津五街道
片門宿
会津五街道
天屋宿・本名宿
会津五街道
縄沢宿
会津五街道
野沢宿
会津五街道
野尻宿
会津五街道
花立宿
会津五街道
津川宿
会津五街道
行地宿
会津五街道
新谷宿
会津五街道
綱木宿
会津五街道
赤谷宿
会津五街道
山内宿
会津五街道
新発田城の城下町

スポンサーサイト

福島県の街道
白河街道 会津西街道
越後街道 二本松街道
米沢街道 奥州街道
陸前浜街道

福島県:市町村別・見所
福島市 いわき市
須賀川市 郡山市
白河市 相馬市
南相馬市 新地町
棚倉町 塙町
古殿町 田村市
三春町 小野町
西郷村 二本松市
本宮市 猪苗代湖
磐梯山 喜多方市
会津若松市 大内宿
南会津町 伊達市
桑折町 会津坂下町
飯坂温泉 下郷町
只見町 檜枝岐村
西会津町 飯盛山
会津美里町 柳津町
福島県:古民家住宅 福島県:神社建築
福島県:洋風建築 福島県:寺院建築
福島県:城郭

福島県の見所
白水阿弥陀堂 さざえ堂
八葉寺 専称寺
円蔵寺 弘安寺
法用寺 高蔵寺
恵隆寺 如法寺
勝常寺 恵日寺
飯野八幡宮 隠津島神社
土津神社 伊佐須美神社
大山祇神社 天鏡閣
塔のへつり 会津若松城
白河城 二本松城
滝沢本陣 白河の関


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。