会津五街道

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)>会津五街道
 
会津五街道概要
会津五街道概要: 会津若松は古くから大きく開けた土地柄で中世からの領主だった芦名氏は南奥羽一帯を支配する大大名に成長した事から東北の中でも重要な都市の1つでした。芦名氏が衰退した後も、蒲生氏や上杉氏など大大名が治め、寛永20年(1643)からは徳川家の一族である保科正之が初代会津藩主となっています。会津藩は23万石ながら伊達氏、佐竹氏、上杉氏などの外様大名を牽制するため幕府から重要視され、会津城下に繋がる街道は政治、軍事的にも整備する必要がありました。正之は積極的に街道の整備を図り、一里塚、松並木、宿場町を設置し慶安2年(1649)には大町札の辻を基点として「白河街道」、「二本松街道」、「越後街道」、「会津西街道(下野街道)」、「米沢街道」の5街道を幕府に報告しています。
白河街道概要
白河街道概要: 白河街道(白河市側からは会津本街道や会津越後街道などと呼ばれていた。)は会津五街道の1つで現在の福島県会津若松市と白河市を結ぶ街道です。特に江戸時代に発展し、会津西街道(下野街道)が不通になると奥州街道へ抜ける主要街道へ整備され会津藩をはじめ新発田藩と村上藩の参勤交代に利用されました。越後街道の延長として、佐渡金山へ続く佐渡三道の一つと数えられ、五街道に次ぐ街道として重要視されました。
小峰城(白河城)
小峰城
鹿島神社
鹿島神社
白河の関
白河の関
関川寺
関川寺
丹羽長重の墓
丹羽長重の墓
会津西街道(下野街道)概要
会津西街道(下野街道)概要: 会津西街道(下野街道)は会津五街道の1つで現在の会津若松市と栃木県の今市(日光市)を結ぶ街道です。初代会津藩主保科正之によって開削され会津藩や新発田藩と村上藩の参勤交代に利用されました。度重なる天災で参勤交代で利用する主要街道は白河街道へ譲りましたが廻米や物資の流通、日光東照宮の巡礼などで多くの人達が往来し重要視されました。特に大内宿は当時の景観が残されており国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
左下観音堂
左下観音堂
大内宿
大内宿
塔のへつり
塔のへつり
日光東照宮
日光東照宮
輪王寺大猷院
輪王寺大猷院
越後街道概要
越後街道概要: 越後街道(新潟県側からは会津街道と呼ばれていた。)は会津五街道の1つで現在の会津若松市と新潟県の新発田市を結ぶ街道です。特に江戸時代に発展し、新発田藩と村上藩の参勤交代に利用され、津川宿、野沢宿に本陣が置かれました。太平洋側と日本海側を結び、佐渡金山へ続く街道として三国街道と北国街道と並び佐渡三道の一つと数えられ五街道に次ぐ街道として重要視されました。
立木観音堂
立木観音堂
円蔵寺
円蔵寺
鳥追観音堂
鳥追観音堂
平等寺
平等寺
新発田城
新発田城
二本松街道概要
二本松街道概要: 二本松街道(二本松市側からは会津街道と呼ばれていた。)は会津五街道の1つで現在の会津若松市と本宮市を結ぶ街道です。特に猪苗代は鶴ヶ城(会津若松城)の支城である亀ヶ城(猪苗代城)の城下町で初代会津藩主保科正之を祀る土津神社があった為、時の藩主達が参拝に訪れる際利用されなど物資や人の往来が多かったそうです。猪苗代湖は対岸貿易も盛んでそれらの集落を結ぶ上街道と本道である下街道とに分かれていました。
さざえ堂
さざえ堂
旧滝沢本陣
旧滝沢本陣
恵日寺
恵日寺
土津神社
土津神社
磐椅神社
磐椅神社
米沢街道概要
米沢街道概要: 米沢街道(米沢市側からは会津街道と呼ばれていた。)は会津五街道の1つで現在の会津若松市と山形県の米沢市を結ぶ街道です。参勤交代で利用する主要街道ではありませんでしたが、米沢と会津若松とは繋がりも深く人々や物資の往来も多かったそうです。歴史的な深さもあり、伊達政宗の会津侵攻や豊臣秀吉の奥州仕置き、上杉景勝が会津120万石から米沢30万石に減封され家臣を引き連れ下向し、初代会津藩主保科正之が山形から会津に入部したのも米沢街道を利用しています。
八葉寺
八葉寺
勝常寺
勝常寺
熊野神社
熊野神社
笹野観音堂
笹野観音堂
米沢城
米沢城

スポンサーサイト

福島県:市町村別・見所
福島市 いわき市
須賀川市 郡山市
白河市 相馬市
南相馬市 新地町
棚倉町 塙町
古殿町 田村市
三春町 小野町
西郷村 二本松市
本宮市 猪苗代湖
磐梯山 喜多方市
会津若松市 大内宿
南会津町 伊達市
桑折町 会津坂下町
飯坂温泉 下郷町
只見町 檜枝岐村
西会津町 飯盛山
会津美里町 柳津町
福島県:古民家住宅 福島県:神社建築
福島県:洋風建築 福島県:寺院建築
福島県:城郭

福島県の見所
白水阿弥陀堂 さざえ堂
八葉寺 専称寺
円蔵寺 弘安寺
法用寺 高蔵寺
恵隆寺 如法寺
勝常寺 恵日寺
飯野八幡宮 隠津島神社
土津神社 伊佐須美神社
大山祇神社 天鏡閣
塔のへつり 会津若松城
白河城 二本松城
滝沢本陣 白河の関


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。