飯盛山: 戸ノ口堰洞穴

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)飯盛山>戸ノ口堰洞穴

概要・歴史・観光・見所
戸ノ口堰洞穴(飯盛山)概要: 戸ノ口堰洞穴は福島県会津若松市一箕町八幡戸ノ口堰洞穴に位置しています。江戸時代に入り鶴ケ城(会津若松城)の城下町が整備されると、人口が大きく増加し、飲料水や農業用水の不足が深刻化した為、城下町のある会津盆地より高所にある猪苗代湖から水を引く事が計画され、特に、猪苗代湖と鶴ケ城(会津若松城)の間には飯盛山が大きく聳えていた事が問題となりました。戸ノ口堰洞穴は元和年間(1615〜1624年)から元禄年間(1688〜1704年)まで工事が行われ天保3年(1832)から3年間は会津藩士である佐藤豊助が中心となり飯盛山の中腹からトンネルを掘り進みました。トンネルの長さは約150mとなり工事に刈り出された人夫は5万5千人に達したそうです。完成後は2500ヘクタールの灌漑が可能になり会津藩にとって大きな恩恵となりました。慶応4(1868)年8月23日、戊辰戦争の1つである戸ノ口原の戦いで新政府軍に敗れた白虎隊士中二番隊20名が鶴ケ城(会津若松城)に戻る為に戸ノ口堰洞穴を利用し、洞穴を抜けた後、飯盛山から城下町が炎上しているの見て(鶴ヶ城が落城したと誤解して)自刃しています。戸ノ口堰洞穴の傍らには守護神と思われる戸ノ口堰水神社が鎮座しています。

戸ノ口堰洞穴:写真

戸ノ口堰洞穴

飯盛山観光案内

さざえ堂
さざえ堂
飯盛山さざえ堂
宇賀神堂
宇賀神堂
宇賀神堂
烈婦の碑
烈婦の碑
飯盛山烈婦の碑
飯沼貞雄墓
飯沼貞雄の墓
飯沼貞雄の墓
戸ノ口堰水
戸ノ口堰水神社
戸ノ口堰水神社
厳島神社
厳島神社
厳島神社
戸ノ口堰
戸ノ口堰洞穴
戸ノ口堰洞穴
松平容保碑
松平容保の碑
松平容保の碑
白虎隊自刃
白虎隊自刃の地
白虎隊自刃の地
白虎隊の墓
白虎隊の墓
白虎隊の墓
ローマ市の碑
ローマ市寄贈の碑
ローマ市の碑
ドルフ氏の碑
フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑
ドルフ氏の碑
旧滝沢本陣
旧滝沢本陣
旧滝沢本陣
大龍寺
大龍寺
大龍寺
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。