飯盛山: フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)飯盛山>フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑

概要・歴史・観光・見所
フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑(飯盛山・会津若松市)概要: フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑は飯盛山に設けられた白虎隊の墓の近くに建立された石碑で、案内板によると「 昭和10年6月ドイツ国(現ドイツ連邦共和国)大使館政治担当外交官HassoVonVonEtzdor氏が白虎隊精神を賛美して贈られた碑文と十字章である。 碑文訳「会津の若き少年武士に贈る」 第2次世界大戦後アメリカ進駐軍の手によって碑面を削り撤去されたものを昭和28年再刻のうえ復元されたものである。」とあります。昭和10年(1935)といえば戦争の足音が聞こえる時期で昭和11年(1936)には日独防共協定が成立し昭和12年(1937)に日中戦争、昭和15年(1940)に日独伊三国同盟が締結しています。そうした時代背景から白虎隊の郷土を命を棄てて守り抜く精神が尊いとされ、同じような境遇であったドイツでも共感されたと思われます。逆に太平洋戦争敗戦後は、戦争を起こした原因の1つとして日本独特の精神論が問題視され進駐軍から削除されました。昭和26年(1951)にサンフランシスコ平和条約が締結すると一応日本の主権が認められ反連合国でないようなものは復権しています。

フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑:写真

フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑

飯盛山観光案内

さざえ堂
さざえ堂
飯盛山さざえ堂
宇賀神堂
宇賀神堂
宇賀神堂
烈婦の碑
烈婦の碑
飯盛山烈婦の碑
飯沼貞雄墓
飯沼貞雄の墓
飯沼貞雄の墓
戸ノ口堰水
戸ノ口堰水神社
戸ノ口堰水神社
厳島神社
厳島神社
厳島神社
戸ノ口堰
戸ノ口堰洞穴
戸ノ口堰洞穴
松平容保碑
松平容保の碑
松平容保の碑
白虎隊自刃
白虎隊自刃の地
白虎隊自刃の地
白虎隊の墓
白虎隊の墓
白虎隊の墓
ローマ市の碑
ローマ市寄贈の碑
ローマ市の碑
ドルフ氏の碑
フォン・エッツ・ドルフ氏寄贈の碑
ドルフ氏の碑
旧滝沢本陣
旧滝沢本陣
旧滝沢本陣
大龍寺
大龍寺
大龍寺
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。