会津城下(会津西街道)

  福島県の町並みと歴史建築(ホーム)大内宿会津西街道(下野街道)>会津城下
会津城:概要 会津城は「鶴ヶ城」、「会津若松城」、会津城下(会津西街道)「若松城」、「会津黒川城」、「黒川城」などと呼ばれ、江戸時代には会津藩の本城として機能していました。元々は南北朝時代に三浦義明の7男・佐原義連(鎌倉時代の会津領の領主)の後裔とされる蘆名直盛によって築かれました。蘆名氏は会津地方だけでなく、越後地方や出羽地方、陸奥中通りにも進出し、戦国時代には80万石前後を領する大大名に成長し南奥羽の覇者となり会津城下も大きく発展したと思われます。しかし、蘆名盛氏が死去すると二階堂家からの婿養子である蘆名盛隆が継ぎ、盛隆が死去すると幼少だった亀若丸が継ぎ、その亀若丸も数年の内に死去した事で、親戚筋の常陸国(茨城県)の大大名佐竹家から養子として蘆名義広を迎えました。これらの事象により蘆名家宗家の影響力が低下、家臣同士の分裂が顕著になり、さらに、佐竹家から養子を迎えた事で義広付きの家臣達とも分裂しました。天正18年(1589)、米沢城(山形県米沢市)のの城主伊達政宗とのに摺上原の戦いで大敗した蘆名義広は、実家である佐竹家を頼り常陸に撤退し、会津城は事実上の開城、伊達政宗が入城します。政宗は本城を米沢城から会津城に移しましたが、佐竹家が豊臣秀吉が発令した惣無事令違反を豊臣家に対して訴え、さらに、政宗は天正19年(1590)の小田原の陣に遅参した事から印象を損なった事から、旧蘆名領80万石が取り上げられ、豊臣秀吉に従った蒲生氏郷が92万石で会津城に入ります。

会津城は氏郷によって近代城郭へと大改修され本丸会津城下(会津西街道)には7層の大天守閣が設けられ、城下町も積極的に町割が行われています。しかし、慶長3年(1598)、跡を継いだ蒲生秀行は若輩だった事から92万石という日本有数の領地、家臣をまとめきれず、御家騒動となり分相応となる18万石に減封され宇都宮城(栃木県宇都宮市)に遷されています。変わって会津城には五大老の1人上杉景勝が120万石で入封、同年、豊臣秀吉が死去すると後継者と目される徳川家康との対立が深まり、上杉家執政直江兼続は家康の侵攻に供えて領内の武装化に尽力しています。慶長5年(1600)、それらの事象が敵対行為と見なされ、会津侵攻が決定、これにより東軍(徳川軍)が結成されます。東軍は小山(栃木県小山市)まで進軍しましたが、石田三成が主導する西軍が結成した報を受けて転進、上杉軍は対激戦を行わず、出羽国、陸奥国に侵攻し戦局は優位に展開しました。しかし、本戦である関ヶ原の戦いで西軍が敗北した事を受け、戦局が維持出来なくなり、上杉軍は本領に引き上げ、撤退戦では大きな被害を受けています。これにより、上杉景勝は米沢藩30万石で移封、変わって蒲生秀行が旧領となる会津城に60万石で入封し会津藩を立藩しています。

寛永4年(1627)、蒲生忠郷が死去すると跡継ぎがなく改易が検討され、会津城下(会津西街道)結果、蒲生家は徳川将軍家と関係が深かった事から特別に弟である蒲生忠知が継ぐ事が許されますが、24万石に減封の上、松山藩(愛媛県松山市)に移封となっています。変わって、会津城には加藤嘉明が43万5千5百石で入封、加藤家は嘉明、明成の2代に渡り会津城の改修や城下町の建設、領内の振興に尽力し近世会津の基礎を築きましたが、寛永20年(1643)、所謂「会津騒動」と呼ばれる騒動を起こし改易となっています。変わって、会津城には保科正之が23万石で入封、正之は3代将軍徳川家光の異母弟として、家光から絶対の信頼が寄せられ、事実上の右腕として江戸幕府の幕政にも尽力し大きな影響力がありました。会津藩も、御三家に次ぐ石高を領し、天領5万石と実石を合わせると御三家の1つ水戸藩(茨城県水戸市)を凌駕したとされます。正之は徳川将軍家対して絶対の忠誠を近い「会津家訓十五箇条」の遺訓を残し、歴代会津藩主松平家がその遺訓を守った事が会津戊辰戦争に繋がったとも云われています。慶応4年(1868)の会津戊辰戦争の際は、四方から新政府軍に攻め込まれ、1ヶ月に渡る籠城戦後に会津城は開城に応じています。


会津城下・写真
会津城下

会津城下: 会津城(鶴ヶ城)は2重の内堀の外側に総堀とも言える大規模な外堀が周囲を囲んでいました。外堀は土塁の高さ5m余、幅15m余、深さ2〜3mの規模で、外堀の内側が会津藩の家臣団の居住区である武家町、さらに内側は家老級の上級武士の居住区となっていました。武家町から隔絶された外堀の北側に商人町が配され(武家町と町人町とを結ぶ出入口は枡形の城門が設けられ出入りを厳重に管理していました)、さらにその外側に寺町を設けて会津城の防衛線としています。商人町の中央、やや西よりに「札の辻」と呼ばれる鍵状の十字路があり、ここが起点となり会津五街道とも呼ばれた会津西街道(下野街道)、越後街道、米沢街道、二本松街道、白河街道が放射状に延びていきました。「札の辻」は交通の要衝、物流の要衝として地名の由来となった高札が掲げられ、周囲には会津城下でも有力な豪商達が集められ経済の中心となりました。明治時代に入り福島県令となった三島通庸も「札の辻」に「会津若松市道路元標」を建立し、ここを起点として会津三方道路と呼ばれる、新潟方面、栃木(日光)方面、山形(米沢)方面の道路を開削しています。会津西街道(下野街道)は会津城の西側の外堀に沿った形で南下する経路が採られ、城下の郊外まで街道の両側は商人町が続きました。現在も街道の両側には商店と思われる建物が軒を連ねていますが、基本的に会津戊辰戦争で多くの建物が焼失した為、殆どがその後再建されたもので、特に「札の辻」址に建てられた旧・郡山商業銀行若松支店会津城下(会津西街道)(現・四ツ角大正館・会津若松市歴史的景観指定建造物)を始め、七日町には白木屋漆器店(会津若松市歴史的景観指定建造物)、旧第四銀行会津支店(会津若松市歴史的景観指定建造物)などの大正時代から昭和初期の近代洋風建築が数多く存在しています。

スポンサーリンク

会津西街道(下野街道)・宿場町

会津城下
右
福永宿
右
関山宿
右
大内宿
右
倉谷宿
右
楢原宿
右
田島宿
右
川島宿
右
糸沢宿
右
横川宿
右
中三依宿
右
五十里宿
右
高原新田宿
右
藤原宿
右
大原宿
右
高徳宿
右
大桑宿
右
今市宿

スポンサーサイト
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。文章や画像のコピーや利用は行わないでください。