糸沢宿本陣(阿久津家住宅)

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津五街道会津西街道糸沢宿>本陣(阿久津家住宅)

概要・歴史・観光・見所
糸沢宿本陣(南会津町)概要: 阿久津家は糸沢宿の本陣役を務めた名家で、本陣問屋や名主なども歴任し糸沢宿では大きな影響力を持ちました。会津西街道(下野街道)を参勤交代で利用した会津藩蒲生秀行加藤明成保科正経)や村上藩(榊原式部大輔)、新発田藩(溝口信濃守)などの藩主が宿泊や休息で利用し規模や格式が高く、問屋場として多くの物資を取り扱っていた事から往時は主屋を取り囲むように6棟の土蔵があったそうです。現在の主屋は江戸時代末期に建てられたもので、木造平屋建、寄棟、金属板葺(元茅葺)、桁行16.5間、梁間9間、本陣(南会津町)建築面積440u、数少ない会津西街道沿いの宿場町にある本陣建築の遺構として貴重な存在で「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との理由から平成10年(1998)に国登録有形文化財に登録されています。敷地内に残された唯一の土蔵(米蔵)は安政6年(1859)に建てられたもので土蔵2階建、切妻、金属板葺、置屋根形式、平入、建築面積82u、主屋と同様に平成10年(1998)国登録有形文化財に登録されています。大内宿本陣再建の際、当時の図面や写真等の資料が見つからなかった事から糸沢宿本陣を参考の一例としています。

糸沢宿本陣
本陣
[ 付近地図: 福島県南会津町 ]・[ 糸沢宿:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。