龍王峡(日光市)

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津五街道会津西街道>龍王峡(日光市)

概要・歴史・観光・見所
龍王峡(日光市)概要: 龍王峡は鬼怒川温泉から川治温泉付近までの約3キロに渡る渓谷です。大きく紫龍峡と青龍峡、白龍峡の3つ渓谷に分かれていて、紫龍峡は第3世紀中世期(約2200万年前)に起こった海底火山活動によって流出した安山岩により構成され、青龍峡は火山爆発による火山灰が堆積した緑色凝灰岩で構成され、白龍峡は緑色凝灰岩の上に流出した流紋岩により構成されています。何れの渓谷もその後の隆起によって陸地となり長年の鬼怒川による侵食作用によって独特の渓谷美を形成していきました。龍王峡の名称の由来は渓谷の景観が龍が暴れて通った後を想像出来る事から昭和25年(1950)に名づけられもので虹見の滝(落差約20m)、竪琴の滝(高さ約10m)、獅子岩、白岩、材木岩、大観石、五光岩、兎跳、白竜ヶ淵、岩ノ原などの奇岩怪石、名所などが点在しています。現在は遊歩道などが整備され特に紅葉の時期は数多くの観光客が訪れています。日光国立公園。

龍王峡
龍王峡
[ 付近地図: 栃木県日光市 ]・[ 日光市:歴史・観光・見所 ]
龍王峡 龍王峡 龍王峡 龍王峡 龍王峡
龍王峡 龍王峡 龍王峡 龍王峡 龍王峡
龍王峡:観光・見所
虹見の滝
虹見の滝
虹見の滝
五龍王神社
五龍王神社
五龍王神社
竪琴の滝
竪琴の滝
竪琴の滝
底無し沼
底無し沼
底無し沼
かめ穴
かめ穴
かめ穴


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。