白河神社

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)白河市・観光>白河神社

白河神社
白河神社
[ 付近地図: 福島県白河市 ]・[ 白河市:歴史・観光・見所 ]・[ 福島県:神社 ]
白河神社 白河神社 白河神社 白河神社
概要・歴史・観光・見所
白河神社概要: 白河神社の創建は成務5年(315)に白河国造の御霊である鹽伊乃自直命の分霊を勧請した事が始まりとされ、宝亀2年(771)には天太玉命、中筒男命、衣通姫命などの分霊を勧請合祀したと伝えられています。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載された式内社(鹿島神社と伊波止和気神社の説も有)とされ古くから信仰の対象となっていました。歴代領主からも崇敬庇護され元和元年(1615)には伊達政宗により社殿が造営され、寛政12年(1800)には白河藩主松平定信によって境内が白河の関であることが結論付けられました。古代の関所である白河関跡に鎮座していた事もあり江戸時代は二所関明神や関の明神と称していましたが明治2年(1869)に旧社号である白河神社に復しています。境内には源義経に縁のある矢立の松があり案内板によると「 治承4年(1180)、源義経が平家追討のため平泉を発し、この社前に戦勝を祈願、この松に矢を射立てたと伝えられる。現在は、少量の根株を残すのみである。 」とあります。白河神社境内一帯は昭和41年(1966)に特別史跡名勝天然記念物に指定されています。
福島県(ホーム)

 白河市観光・歴史建築見所ナビ: 
丹羽長重公霊廟白河駅旧西白河郡役所飯豊比売神社鳥峠稲荷神社鹿島神社小峰寺白河ハリストス正教会共楽亭妙徳寺南湖
南湖神社松風亭蘿月庵龍蔵寺境明神関川寺白河神社白河の関白川城小峰城(白河城)旧小峰城太鼓櫓トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。