白河市: 小峰寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)白河市・観光>小峰寺

概要・歴史・観光・見所
小峰寺(白河市)概要: 白河山珠桜院小峰寺は福島県白河市字道場町に境内を構えている時宗の寺院で、案内板によると「 白河山小峰寺は、弘安3年(1280)一遍上人の開基と伝える時宗寺院で、白河結城氏の菩提寺である。厨子には、近年地蔵菩薩が安置されている。小ぶりな禅宗様建築の宮殿で、一間、一重、寄棟造、板葺で組框(くみかまち)の上に建ち、主要部は黒・朱漆、塗金で着彩されている。正面には両開きの板戸があり、三方はやりかんなの跡がある。扉内側には不動尊・毘沙門天の漆絵とその種子が描かれている。長押と虹梁の間の欄間には、正面に蓮池に舞う白鷺、左側には葡萄唐草に野狐、右側には牡丹唐草文が鎌倉彫りにより表されている。左側の小屋組材に「常往来阿永禄二年5月六日」の墨書銘などがあり、永禄2年(1559)に大工願阿弥陀仏によって制作されたことが知られる品である。小型であるが室町時代後期の特徴を具備した宮殿として注目すべき遺品である。但し屋根は近年の後補である。 白河市教育委員会 」とあります。

小峰寺は創建当初は白河藤沢の地にありましたが、その後白河結城氏の菩提寺となった為、結城氏が白川城から小峰城へ居城に移すと小峰寺も城内へ移り、さらに寛永4年(1627)に丹羽氏が白河藩に入封すると小峰城改修や城下町建設などの為、現在地に移されます。

小峰寺厨子(総高196.0cm、桁行85.5cm、梁間46.0cm)は室町時代後期の厨子として貴重なことから昭和54年(1979)に福島県指定重要文化財に指定されています。小峰寺が所有している木造地蔵菩薩立像は室町時代後期頃に制作されたと推定される古仏像で、檜材、一木造、背刳、像高116.0cm、貴重な事から平成6年(1994)に白河市指定重要文化財(彫刻)に指定されています。木造阿弥陀如来立像は鎌倉時代後期の乾元2年(1303)に制作された古仏像で、寄木造、彩色漆箔(後補)、像高77.8cm、貴重な事から平成6年(1994)に白河市指定重要文化財(彫刻)に指定されています。六字名号は一遍上人(縦:30.5cm・横:8.3cm)、真教上人筆(縦:43.5cm・横10.5cm)、一鎮上人筆(縦:43.6cm・横:10.5cm)、託何上人筆(縦:101.7cm・横:26.7cm)、太空上人筆(縦:87.0cm・横:23.0cm)で構成されている貴重なもので、平成9年(1997)に白河市指定重要文化財(書跡)に指定されています。

小峰寺山門は切妻、銅板葺き、一間一戸、薬医門。本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行5間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。山号:白河山。院号:珠桜院。宗派:時宗。本尊:阿弥陀如来。

小峰寺:写真

小峰寺
[ 付近地図: 福島県白河市 ]・[ 白河市:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
小峰寺 小峰寺 小峰寺 小峰寺

スポンサーサイト

小峰寺(白河市):周辺・見所
丹羽長重公霊廟 白河駅
旧西白河郡役所 飯豊比売神社
烏峠稲荷神社 鹿島神社
小峰寺 白河ハリストス正教会
共楽亭 妙徳寺
南湖 南湖神社
松風亭蘿月庵 龍蔵寺
境明神 関川寺
白河神社 白河の関
白川城 小峰城(白河城)
旧小峰城太鼓櫓


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。