白河市: 妙徳寺

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)白河市・観光>妙徳寺

妙徳寺
妙徳寺
[ 付近地図: 福島県白河市 ]・[ 白河市:歴史・観光・見所 ]・[ 福島県:寺院 ]
概要・歴史・観光・見所
妙徳寺(白河市)概要: 妙徳寺の創建は慶長年間に当時の小峰城の城代だった町野長門守が常陸から招いたとされます。何度か移転を繰り返し、現在地には江戸時代中頃になってからで、関川寺など共に寺町を形成し城下町の南方の防衛ラインを担っています。境内には枝垂桜の大木があり白河市を代表とする桜の名所となり、よく整備された八幡小路沿いには戊辰戦争の戦死者の供養塔があります。案内板によると「この地は、慶応4戌辰年5月1日の戦いでは、最大の激戦となり東軍の戦死者は682名を数えた。この供養塔は、この日の戦いで敗走する途中、この地で戦死した東軍兵士を祀った。市内に数多く点在する供養塔は北裏(南湖)の戦死霊魂供養とともにもっとも小さな塔である。 白河観光協会 」とあります。

 白河市観光・歴史建築見所ナビ: 
丹羽長重公霊廟白河駅旧西白河郡役所飯豊比売神社鳥峠稲荷神社鹿島神社小峰寺白河ハリストス正教会共楽亭妙徳寺南湖
南湖神社松風亭蘿月庵龍蔵寺境明神関川寺白河神社白河の関白川城小峰城(白河城)旧小峰城太鼓櫓トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。