白河市: 鹿島神社

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)白河市・観光>鹿島神社

鹿島神社
鹿島神社
[ 付近地図: 福島県白河市 ]・[ 白河市:歴史・観光・見所 ]・[ 福島県:神社 ]
鹿島神社 鹿島神社 鹿島神社 鹿島神社
鹿島神社 鹿島神社 鹿島神社 鹿島神社
概要・歴史・観光・見所
鹿島神社(白河市)概要: 鹿島神社の創建は宝亀年間(770〜780)に勧請されたと伝えられています。その後、弘仁2年(811)に坂上田村麻呂が東夷東征の際に当地を訪れ、改めて本社の鹿島神宮(茨城県鹿嶋市宮中:常陸一宮)の分霊(鹿島大明神)を勧請し戦勝祈願しました。諸説(延喜式神名帳には白河神社とある?)ありますが由緒によると、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載された式内社で白河地方の総鎮守として周囲からの信仰が篤かったとされます。歴代領主も崇敬庇護し、社領や奉納物など様々なものが寄進され文明13年(1481)には当時の領主小峯政朝が境内で一 万句奉納の連歌会を開催し多くの文化人が訪れました。江戸時代に入ると白河藩主が庇護し文化3年(1783)には松平大和守が「鹿嶋大神宮」の扁額を寛政7年(1796)には松平定信が「楯無しのよろい」を奉納しています。古くから神仏習合し明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が排されましたが現在でも境内には弥勒堂(本尊:弥勒菩薩、宝形造、桁行2間、梁間2間、正面1間向拝付)、観音堂(本尊:十一面観音・宝形造、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付、仙道三十三観音霊場第27番札所)などが残され往時の名残が感じられます。現在の社殿は明治43年(1910)に火災で焼失した後の大正元年(1912)に建てられたもので、石橋や随神門(神社山門:切妻、銅板葺、三間一戸、八脚単層門)、拝殿(入母屋、銅板葺、平入、桁行5間、正面1間向拝付)、本殿(三間社入母屋造、銅板葺、正面千鳥破風)を備えていて古社の雰囲気を今に伝えています。又、例祭で行われる「堤灯祭り」は、明暦3年(1657)に当時の小峰城城主だった松平忠義が奉納したという御輿を数千の堤灯で取り囲みながら練り歩くもので、日本三大提灯まつり(新潟県弥彦村:弥彦神社燈籠祭・愛知県西尾市:一色諏訪神社提灯祭)の一つに数えられています。社宝には上記の「御輿」、「楯無しのよろい」、例祭の際奉納される神楽十八座が白河市指定文化財となっています。祭神は武甕槌命。
福島県(ホーム)

 白河市観光・歴史建築見所ナビ: 
丹羽長重公霊廟白河駅旧西白河郡役所飯豊比売神社鳥峠稲荷神社鹿島神社小峰寺白河ハリストス正教会共楽亭妙徳寺南湖
南湖神社松風亭蘿月庵龍蔵寺境明神関川寺白河神社白河の関白川城小峰城(白河城)旧小峰城太鼓櫓トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。