郡山市: 福島県郡山合同庁舎

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)郡山市・観光>福島県郡山合同庁舎

概要・歴史・観光・見所
福島県郡山合同庁舎概要: 福島県郡山合同庁舎は昭和5年(1930)に旧郡山市役所として建てられた近代建築で、現在では少なくなった当時の役所建築として非常に貴重な存在です。鉄筋コンクリート造2階建て、陸屋根、中央塔屋付、設計は宮田荘七郎、施行は増子組が担当しています。基本的に左右対称のシンメトリーな構成で、玄関ポーチを含め中心部分に凝った意匠を施し、塔屋があることで印象深い建物となっています。昭和43年(1968)まで市役所として利用され現在は合同庁舎となっています。

福島県郡山合同庁舎:写真

福島県郡山合同庁舎
[ 付近地図: 福島県郡山市 ]・[ 郡山市:観光 ]・[ 福島県:近代建築 ]
福島県郡山合同庁舎 福島県郡山合同庁舎 福島県郡山合同庁舎 福島県郡山合同庁舎


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。