会津美里町: 龍興寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)会津美里町・観光>龍興寺

概要・歴史・観光・見所
龍興寺(会津美里町)概要: 道樹山龍興寺は福島県大沼郡会津美里町字龍興寺北甲に境内を構えている天台宗の寺院です。龍興寺の創建は平安時代初期の嘉承元年(848)に慈覚大師円仁が開山し、南北朝時代の応安年間(1368〜1375年)に恵雲が再興したといわれています。天台宗の古刹として多くの名僧を輩出し、中でも江戸幕府初期に大きな影響力を行使した事でも知られる天海大僧正が得度したとの伝説が残され、境内には境内には天海の両親の墓(会津美里町指定史跡)と伝わる五輪塔があります。十一面観世音菩薩(会津三十三観音霊場の札所番外)は別称で浮身観音と呼ばれ、天海が幼少の頃、漆原と永井野の村境で感得したものとされます。寺宝の「一時蓮台法華経開結共」は平安時代に制作された国内最高峰の装飾経で昭和27年(1952)に国宝に指定されています。「絹本著色両界曼陀羅」は文亀3年(1503)に制作された図描表具掛軸で胎蔵界曼陀羅と金剛界曼陀羅で構成され昭和47年(1972)に福島県指定重要文化財に指定されています。会津三十三観音霊場番外札所(札所本尊:十一面観音・御詠歌:浮身をば 助け給へや観世音 みちびき給え弥陀の浄土へ)。山号:道樹山。宗派:天台宗。本尊:阿弥陀如来。

龍興寺の文化財
・ 一時蓮台法華経開結共(9巻)−平安時代藤原期−国宝
・ 絹本著色両界曼陀羅(2幅)-文亀3年,縦2.13m,横1.42m-福島県重要文化財
・ 天海僧正両親の墓(2基)−五輪塔−会津美里町指定史跡

龍興寺:写真

龍興寺
[ 付近地図: 福島県大沼郡会津美里町 ]・[ 会津美里町 ]
龍興寺 龍興寺 龍興寺 龍興寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。