伊達市: 薬師寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)伊達市・観光>薬師寺

概要・歴史・観光・見所
薬師寺(伊達市)概要: 医王山薬師寺は福島県伊達市月舘町糖田字元苗内に境内を構えている真言宗豊山派の寺院で、創建は文治5年(1189)、藤原忠衡の妻小笹が薬師如来像(伊達市指定有形文化財)を奉納し忠衡の菩提を弔った事が始まりだと伝えられています。当時平泉(岩手県平泉町)を中心に奥州を支配していた藤原氏は源義経擁護派の藤原忠衡と排斥派の泰衡と対立したことで内紛がおき忠衡は忙殺され小笹は出家し、妙幸比丘尼と称したそうです。又、薬師寺の境内には江戸時代に建てられた行屋(木造平屋建、寄棟、平入)が現存し薬師如来像同様に伊達市指定有形文化財に指定されています。行屋は農業の神を祀る羽山信仰(往時の出羽三山は羽黒山、月山、羽山の三山で後に羽山でなく湯殿山が加わりました。)の篭もり場となった施設で、出羽三山の潔斎などにも利用され民俗学的にも貴重な文化遺産と言えます。薬師堂は本堂背後の高台にあり宝形造、鉄板葺、桁行2間、梁間2間、正面1間向拝付、内部に薬師如来像が安置されています。山号:医王山。宗派:真言宗豊山派。

薬師寺:写真

薬師寺
[ 付近地図:福島県伊達市 ]・[ 伊達市:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
薬師寺 薬師寺 薬師寺 薬師寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。