福島県の街道(会津西・越後・奥州)

   福島県:歴史・観光・見所(ホーム)>福島県の街道

福島県の街道:一覧

会津西街道
会津西街道(下野街道):大内宿
【概要】−会津西街道は会津五街道の1つで会津城下と日光街道の今市宿を結ぶ街道。江戸初期は会津藩主が参勤交代で利用。大内宿は旧観を留め、茅葺屋根が連なる。
七ヶ宿街道
七ヶ宿街道(楢下宿〜桑折宿)
【概要】−奥州街道の桑折宿(桑折町)で分岐して楢下宿に至る街道です。正式的には羽州街道の一部ですが仙台藩領の7つの宿場を通過した事から名付けられた。
米沢街道
米沢街道:上山城下〜福島城下
【概要】−羽州街道の上山城下から赤湯温泉、米沢を経て奥州街道の福島城下を結ぶ街道です。特に江戸時代は米沢藩主上杉家の参勤交代で利用されました。
奥州街道
奥州街道(福島県:貝田宿〜白河関)
【概要】−福島県では貝田宿〜白河関までが奥州街道の区間です。桑折宿(桑折町)で羽州街道と合流以降は数多くの大名が参勤交代で利用し各宿場は繁栄しました。
二本松街道
二本松街道
【概要】−会津城下と奥州街道本宮宿を結ぶ街道です(会津五街道)。特に支城である猪苗代城の城下や保科正之が祭られている土津神社の参拝の道として発展しました。
白河街道
白河街道
【概要】−会津城下と奥州街道の白河城下を結ぶ街道(会津五街道)。江戸時代は会津藩、村上藩、新発田藩が参勤交代で利用。戊辰戦争では幾重にも防塁が築かれた。
越後街道
越後街道
【概要】−越後街道は会津城下と新発田城下を結ぶ街道(会津五街道)。特に津川宿が阿賀野川舟運の川港として繁栄しました。難所である諏訪峠では冬道を吉田松陰が踏破。
米沢街道
米沢街道
【概要】−会津城下と米沢城下を結ぶ街道(会津五街道)。伊達政宗が会津侵攻の際や、保科正之が山形藩から会津藩の移封の際に利用。檜原宿は磐梯山の噴火で水没。
陸前浜街道
陸前浜街道
【概要】−福島県では新地城下から関田宿まで。太平洋側の主要街道として発展。水戸藩領を通過する為、参勤交代で利用する藩は中村藩や平藩に限られた。
 

※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。