棚倉町: 塚原古墳群

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)棚倉町・観光>塚原古墳群

概要・歴史・観光・見所
塚原古墳群(棚倉町)概要: 塚原古墳群は福島県東白川郡棚倉町大字塚原に位置し、常隆寺付近に塚原ある高台に若干異型な土盛を見ることが出来ます。これは古来の古墳の跡で、案内板によると「この塚原古墳群は古墳時代に造られた当地方の有力者の墓で、久慈川上流域では最大級の古墳群です。以前は数十基の古墳が台地一帯に点在していましたが、現在はこの一基だけが残されています。大きさは直径約20メートル、高さ約2メートルの横穴式石室を持った円墳で、5世紀から6世紀前半に造られたものと推定されています。近くには、古墳時代から奈良・平安時代の集落遺跡である「松並平遺跡」もあります。 棚倉町教育委員会」とあります。道路沿いにありますがあまり目立たなく見落としがちなので注意が必要です。

塚原古墳群:写真

塚原古墳群
[ 付近地図: 福島県東白川郡棚倉町 ]・[ 棚倉町:歴史・観光・見所 ]

スポンサーサイト

塚原古墳群(棚倉町):周辺・見所
八槻家住宅 常隆寺
塚原古墳群 棚倉城
蓮家寺 長久寺
都々古別神社(八槻) 都々古別神社(馬場)
宇迦神社 山本不動尊


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。