棚倉町: 八槻家住宅

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)棚倉町・観光>八槻家住宅

概要・歴史・観光・見所
八槻家住宅(棚倉町)概要: 八槻家は代々八槻都々古別神社の宮司を務める家柄で、中世は神仏混合していた為か、武装化し周辺地域に対して影響力が強かったと云われています。現在の屋敷周辺にも空掘や土塁などの遺構が見られ、一帯が城砦化していた事が窺えます。江戸時代初期から中期に建てられた寄棟、萱葺の書院の他、主屋、土蔵2棟が現存し在郷の武家屋敷形式が継承され、表門や玄関など当時、身分が高かった事が窺えます。八槻家に伝わる文書(242点)が中世以降の当地域の歴史や文化を伝える貴重な資料として昭和53年(1978)、福島県指定文化財に指定されています。

八槻家住宅:写真

八槻家住宅
[ 付近地図: 福島県東白川郡棚倉町 ]・[ 棚倉町:観光 ]・[ 福島県:古民家 ]
八槻家住宅 八槻家住宅 八槻家住宅 八槻家住宅

スポンサーサイト

八槻家住宅(棚倉町):周辺・見所
八槻家住宅 常隆寺
塚原古墳群 棚倉城
蓮家寺 長久寺
都々古別神社(八槻) 都々古別神社(馬場)
宇迦神社 山本不動尊


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。