大内宿: 佐藤家住宅(玉屋)

  大内宿会津西街道(下野街道):歴史・伝承・伝説大内宿(以仁王・伝説)>佐藤家住宅(玉屋)

以仁王:伝説・佐藤家住宅(玉屋)

大内宿: 佐藤家住宅(玉屋)大内宿: 佐藤家住宅(玉屋)
大内宿: 佐藤家住宅(玉屋)大内宿: 佐藤家住宅(玉屋)
【大内宿:佐藤家住宅(玉屋)】大内宿(福島県下郷町)には以仁王潜行伝説が残されていますが、佐藤家にはその以仁王が大内宿に滞在していた際、その御世話をした家とされ、由緒が伝えられている共に以仁王が祭られ大内宿の鎮守である高倉神社の永代御頭家を代々勤めているそうです。詳しくは案内板に記載されているので、そちらによると「第77代後白河天皇の第二皇子以仁王が治承4年(1180年)5月、平家追討に失敗。東海道から甲斐信濃の山路を越え、上野(コウズケ)栃木県から桧枝岐に出られ、当時山本村と呼ばれていた大内にお着きになり、宮(以仁王)が草履を脱がれたという由緒ある家です。以来、高倉神社の永代御頭家として半夏祭の神輿の渡御に当っては、当家(玉屋)に休息される名誉ある家柄であります。当家には高倉以仁王が治承4年に宇治平等院の敗戦以来、大内村にたどり着くまでの以仁王の御伝記が今なお保存されております。昭和56年4月18日、重要伝統的建造物群として大内宿が国の指定を受け、昭和58年6月修復復元された家です。・・・以下省略・・・玉屋 20代頭主」とあります。佐藤家住宅(玉屋)は築400年との事ですから、それを信じれば大内宿に江戸時代初期に建てられた古民家という事となります。

 「会津西街道(下野街道):歴史・伝承・伝説」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。リンクはフリーですが写真、文章の利用は許可しませんので御理解の程よろしくお願いします。