只見町: 滝神社

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)只見町・観光>滝神社

概要・歴史・観光・見所
滝神社(只見町)概要: 滝神社は福島県南会津郡只見町只見上ノ原に鎮座している神社で、創建は江戸時代中期の享保18年(1733)に大洪水によって多くの被害があった為、犠牲者の慰霊と水神の崇拝の念で建立されたのが始まりとされます。滝神社拝殿は、木造平屋建て、入母屋、鉄板葺、平入、桁行4間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り板張り。本殿は一間社流造、檜皮葺。周辺では比較的社地の規模も広く社殿にも龍をはじめ水に関わる凝った彫刻が施されています。境内裏には只見町銘水10選にも撰ばれている滝神社清水が年間を通してこんこんと湧き出しています。社格:村社。

滝神社:写真

龍神社
[ 付近地図: 福島県南会津郡只見町 ]・[ 只見町:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
滝神社 滝神社 滝神社 滝神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。