北塩原村: 大塩虚空蔵菩薩堂

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)磐梯山・観光>大塩虚空蔵菩薩堂

概要・歴史・観光・見所
大塩虚空蔵菩薩堂(北塩原村)概要: 大塩虚空蔵菩薩堂は福島県耶麻郡北塩原村大塩に境内を構えている御堂で、創建は平安時代初期の弘仁3年(812)、真言宗の開祖である弘法大師空海により開かれたのが始まりとされます。北塩原村に境内を構えている北山漆薬師堂大正寺にも空海の伝承が残されているものの、基本的に空海が遠方に行脚した信用性の高い記録が存在しない事から伝説の域を出ません。一方、虚空蔵菩薩堂の前面には断崖絶壁が聳えている事から古くから自然崇拝の対象や修験道の拠点になっていたのかも知れません(岩窟には石造地蔵尊が安置されています)。虚空蔵菩薩堂は木造平屋建て、寄棟、鉄板葺き、平入、桁行3間、張間3間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り、境内には仏教色が強い六角地蔵尊と、神道色の強い狛犬がある事から往時は神仏習合していたような印象を受けます。

大塩虚空蔵菩薩堂:写真

大塩虚空蔵菩薩堂
[ 付近地図:福島県北塩原村 ]・[ 磐梯山:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
大塩虚空蔵菩薩堂 大塩虚空蔵菩薩堂 大塩虚空蔵菩薩堂 大塩虚空蔵菩薩堂
大塩虚空蔵菩薩堂 大塩虚空蔵菩薩堂 大塩虚空蔵菩薩堂 大塩虚空蔵菩薩堂
大塩虚空蔵菩薩堂 大塩虚空蔵菩薩堂 大塩虚空蔵菩薩堂 大塩虚空蔵菩薩堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。