大内宿・茅葺屋根の町並み

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)>大内宿
写  真 備  考
町並み画像
スポンサーサイト

【大内宿】大内宿福島県下郷町)は寛永20年(1643)に会津西街道(下野街道)が開削された際に宿場町に選定され町割された茅葺屋根が連なる集落です。大内宿が宿場町として成立した当初は、会津西街道(下野街道)が会津藩の江戸に参勤交代の経路だった事から大内宿には藩主など身分が高い人物が宿泊や休息で利用する本陣や脇本陣が設置されていました。会津藩の参勤交代では1日平均40キロ前後移動していましたが、初日は朝早くに会津若松城(通称:鶴ヶ城福島県会津若松市)を出立し約49キロ先の糸沢宿(福島県南会津町糸沢)で宿泊した為、約23キロ離れていた大内宿は丁度昼頃に到着し、昼食を摂っていました。参勤交代では概ね500〜600人の家臣などを引き連れての行列だった事から当日は大変な賑わいだったと思われます。

延宝8年(1680)に幕府の命で参勤交代での脇街道の利用が制限された為、会津藩は脇街道扱いだった会津西街道(下野街道)から、鶴ヶ城下から白河街道を利用し、小峰城下(福島県白河市)から奥州街道に入り江戸に至る経路に変更しました。これにより大内宿をはじめ宿場町も打撃を受けています。結局、参勤交代で大内宿を利用したのは初代藩主保科正之が3回(参勤交代以外を含めると7回)、2代藩主保科正経が11回、8代藩主松平容敬が1回に留まっています。さらに、天和3年(1683)にマグニチュード7、震度5強クラスの大地震が日光を震源地として発生し、街道に並行に流れていた鬼怒川支流の男鹿川が土砂崩れにより堰き止められ、所謂「堰止湖」である五十里湖が出現し、会津西街道(下野街道)の一定区間が全くの不通になりました。これにより、江戸廻米などは新たに整備された会津中街道などを経路にした為、大内宿はさらなる衰退を招きました。

享保8年(1723)の暴風雨で、今度は五十里湖が決壊し、下流域では死者1200余りを出す大災害になったものの、湖水が減少した事で再び、街道筋が整備され開通しました。しかし、物資輸送は他の街道を経路に利用する事が確立していた為、往時の流通量からすると全く及ばず、大内宿の住民も半宿半農を生業とし、江戸時代末期頃までには本陣も廃れてしまいました。会津戊辰戦争の際は、当時の名主と会津軍との話し合いにより、直接の兵火を免れる事が出来た為、奇跡的に江戸時代からの茅葺屋根の古民家が残される結果となりました。又、明治17年(1884)に当時の福島県令三島通庸の豪腕により整備された会津三方道路は大内宿を通過する事が無かった為、大きな近代化が図られる事がなく、昭和に入ってからも茅葺屋根にトタンを被せる程度で、建物主屋の建替えも殆ど行われなかった事から全国的見ても極めて稀な茅葺屋根の宿場町の景観がそっくり残されました。

大内宿では宿場町として町割した当初の一戸当り、間口が6〜7間、奥行が30〜33間、敷地面積概ね95坪(171u)、建坪概ね40坪(約72u)、街道からは約3間幅の「オモテ」と呼ばれる広場を設けて、主屋が建つという敷地割りが現在でも引き継がれ、高台から眺めると、その形状が大変よく判ります。建物は概ね、木造平屋建て、寄棟、平入、茅葺屋根、敷地が細長い為に妻面が街道側を向いています。大内宿本陣は一般的な敷地の約3倍の間口があり、屋根も平入を正面とし、やや欠き込んで外壁を広く見せる事で権威的に見せる工夫が見られます。又、一部、養蚕を行った民家は兜造りのように妻面の屋根の一部を欠き込む事で2階部分に通風や採光が出来る開口部を設けています。大内宿は昭和56年(1981)には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、平成14年(2002)に前後10キロが国指定史跡に指定されています。

スポンサーサイト
町並み画像
町並み画像
町並み画像
町並み画像
町並み画像
 福島県:伝統的・町並み・探訪|喜多方市前沢集落大内宿
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。