新地町: くるめがすりの家

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)新地町・観光>くるめがすりの家

概要・歴史・観光・見所
くるめがすりの家(新地町)概要: 案内板によると「新地町福田出身の遠藤新は、世界的建築家フランク・ロイド・ライトが旧帝国ホテル(ライト館)設計のため来日のおり、チーフ・アシスタントとして活躍し、その後独自の建築哲学をもって、自由学園、甲子園ホテル、加地邸、目白ケ丘教会はじめ、中国東北における中銀クラブなど数々の作品を残した。生涯、孤高の建築家として、日本の建築界に独自の分野を築いた。この宅邸は、遠藤新が小塩完次(禁酒運動・国際平和教会の活動家)氏の依頼をうけ、「洗えば洗うほど良くなる、くるめがすりのような家を作ろう」といって設計し、昭和6(1931)に東京都武蔵野市西久保1丁目に建築されたものである。・・・(後略) 新地町教育委員会」とあります。その後、保存運動が起こり、遠藤新氏の故郷である新地町が保存に買って出た形となり平成6年(1994)に現在地に移築されました。建物は木造平屋建、桟瓦葺、面積85.95u。

くるめがすりの家:写真

くるめがすりの家
[ 付近地図: 福島県新地町 ]・[ 新地町:観光 ]・[ 福島県:古民家 ]
くるめがすりの家 くるめがすりの家 くるめがすりの家 くるめがすりの家

スポンサーサイト

くるめがすりの家(新地町):周辺・見所
谷地小屋要害 くるめがすりの家
子眉嶺神社 観海堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。