新地町: 子眉嶺神社

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)新地町・観光>子眉嶺神社

概要・歴史・観光・見所
子眉嶺神社(新地町)概要: 子眉嶺神社は福島県相馬郡新地町駒ケ嶺大作に鎮座している神社で、案内板によると「延喜式神名帳所載の奥州一百座名神大社「子眉嶺神社」で通称「奥之相善宮」と称延喜7年(907年)に創建されたと伝えられている藩政時代には仙台候の氏神として社領の寄進社殿の再建修繕等を加えられたが安永8年2月(1779)に野火のため、社殿を焼失焼失し、寛永8年4月(1796)になり駒ケ嶺城主の宮内家によって再建の起工がなされ、文化3年(1806)に完成された。大正7年3月には幣殿付拝殿が造営されている。祭神については都の悲恋にまつわる伝説がある。本社には七不思議と称する銘所銘木があり何れも由来を語る。」とあります。

子眉嶺神社の現在の祭神は豊受比売之命ですが往時は異なっていたようで次ぎのような伝説が伝わっています。地元の神だった夷子別之神は体が大きく優しかった事から誰からも慕われていましたが、顔が異常に長く醜かった為、結婚相手が見つからず困っていました。すると、「白媛神」と称する女神だけが夷子別之神の求愛に応えて結婚しこの地に住むようになりました。白媛神は美しい姿をしていましたが、前身に白い長い毛で覆われていた為、馬神の化身とされ、馬の飼育方法をこの地に教え、馬の病なども治したそうです。又、別の伝説には、平安時代中期に京の都のある姫に縁談話があがると愛馬が暴れ出し、結婚を阻止しました。不思議に思い姫に尋ねると、既に妊娠し相手は愛馬との事、姫は不義の罪から当地に流され馬に良く似た子供を産んだそうです。その子供こそ子眉嶺神で、境内社(羽山社)は姫が祀神で鎮座地は「母山」と呼ばれています。又、別の伝説もあり。子眉嶺神社本殿は再建当時のもので一間社流造、銅板葺、伊達家の家紋が掲げられています。拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、桁行3間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り。

御神水 鏡ケ池概要: 案内板によると「都の姫にまつわる伝説のなかで姫は罪を負い伊勢の二見ケ浦から空舟により流されて、当町の今神浜に漂着した。土地の豪族である糠塚権太夫助けられやがて勝善(相善)の地に住むようになった。姫はここで出産したが、その子があまりにも馬に似ているので権太夫は姫に見せなかった。しかし姫がしきりに見たがるので、姫を丘に立たせ、産児を抱いて池水に映った姿を姫にのぞかせたのです。これを見た姫は驚きと嘆きは大きく、そのまま床について亡くなったしまいました。そのなきがらを葬ったところを母山と名づけたが、後に羽山となっている。御神水として、太古よりいかなる早天にも泉の涸れることがない。本社七不思議のひとつ。」とあります。

子眉嶺神社:写真

子眉嶺神社
[ 付近地図: 福島県新地町 ]・[ 新地町:観光 ]・[ 福島県:神社 ]
子眉嶺神社 子眉嶺神社 子眉嶺神社 子眉嶺神社

スポンサーサイト

子眉嶺神社(新地町):周辺・見所
谷地小屋要害 くるめがすりの家
子眉嶺神社 観海堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。