三春町: 龍穏院

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)三春町・観光>龍穏院

概要・歴史・観光・見所
龍穏院(三春町)概要: 龍穏院は福島県田村郡三春町荒町に境内を構えている曹洞宗の寺院で、案内板によると「 三春藩初代俊季の祖父安東愛季の法名を寺号とする秋田氏の菩提寺で、秋田氏の三春移封にともない現在の場所に移った。本堂内に、秋田氏累代の位牌を納めるお堂があり、本堂裏手の墓地には、愛季・8代長季(謐季)の墓、秋田氏尊霊塔がある。この地、江戸時代後期から江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した画家徳田研山・中村寛亭等、三春を代表する文化人の墓がある。戊辰戦争時には傷病兵の病院にあてられたり、明治時代には自由民権運動の演説会場にもなった。本堂は天明5(1785)年の大火の後に再建されたもので、三問の扁額は7代倩季の書である。 三春町教育委員会」とあります。

龍穏院の前身は秋田氏の旧領である能代市檜山にある国清寺であるされ、秋田氏が常陸宍戸(茨城県笠間市)に移封されると安東(秋田)忠季の菩提寺である国清寺と父政季の菩提寺である長亨寺を合わせた龍穏院を開基しました。龍穏院本堂は江戸時代中期に建てられた古建築物で、木造平屋建て、寄棟、銅板葺き、平入、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り、花頭窓付、桁行き14間、梁間7間半の大きさは三春地方最大級です。正面の唐破風や玄関上部の欄間、像鼻などには細かい彫刻が施されていて、大名の菩提寺として堂々たる建物です。本堂の裏手には四代藩主頼季の建てた秋田家尊霊塔があり、高乾院の秋田家累代の墓域とは異なる雰囲気をもっています。山門は切妻、銅板葺き、一間一戸、薬医門。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。

龍穏院の文化財
・ 龍穏院の姫駕籠−江戸時代後期−三春町指定文化財
・ 秋田氏の墓−江戸時代−三春町指定史跡

龍穏院:写真

龍穏院
[ 付近地図: 福島県三春町 ]・[ 三春町:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
龍穏院 龍穏院 龍穏院 龍穏院

スポンサーサイト

龍穏院(三春町):周辺・見所
馬頭観音堂 福聚寺
藩講所表門 法蔵寺
旧遠藤医院 高乾院
三春大神宮 龍穏院
真照寺 三春城(舞鶴城)
州伝寺 田村大元神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。