三春町: 福聚寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)三春町・観光>福聚寺

概要・歴史・観光・見所
福聚寺(三春町)概要: 慧雲山福聚寺は福島県田村郡三春町字御免町に境内を構えている臨済宗妙心寺派の寺院です。案内板によると「歴応2(1339)年、田村輝定により安積郡八丁目(現在の郡山市日和田町)に創建された田村家の菩提寺で、16世紀初めに田村義顕が三春へ居城を移すのに際して、ここは移りました。寺の裏手の高台に、田村義顕・隆顕・清顕の墓があり、街の史跡に指定しています。また、隆顕と清顕が2代に渡って寺に出した田村氏掟書は、福島県の指定文化財です。ほかにも、田村三十三観音の第2番札所となる木造十一面観音像や、戦国時代の画僧雪村周継筆の達磨図など、多くの文化財を所蔵します。 三春町教育委員会」とあります。

福聚寺を菩提寺とした田村氏は坂上田村麻呂の子孫とされ、三春城を居城として勢力を伸ばし戦国末期には田村郡中心に安積郡や岩瀬郡の一部も支配下に入れ、9万石を領していました。豊臣秀吉の小田原の陣に参加しなかった事から改易されますが、伊達政宗の正室(愛姫)が田村家から出た事もあり伊達家の家臣として一関藩(岩手県一関市)を興しています。現在の福聚寺本堂(寄棟、鉄板葺、平入、桁行8間)は天明5年(1785)に焼失後の寛政12年(1800)に建てられた古建築物で文化財指定こそありませんが落ち着いた雰囲気で、境内も整備され桜の名所となっています。山号:慧雲山。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:釈迦如来。

福聚寺の文化財
・ 雪村周継筆達磨図(附:雪村庵関係文書2通)-室町末期-三春町指定文化財
・ 復庵宗己頂相−室町時代−三春町指定文化財
・ 木造十一面観音像−室町時代−三春町指定文化財
・ 物外紹播墨跡−江戸時代初期−三春町指定文化財
・ 一元紹碩墨跡−江戸時代初期−三春町指定文化財
・ 福聚寺所蔵印證−天正5年(1577)−三春町指定文化財
・ 田村氏掟書(2軸,附:大般若経)-弘治3・永禄2・天正10年-福島県指定文化財
・ 田村氏三代の墓−三春町指定史跡

福聚寺:写真

福聚寺
[ 付近地図: 福島県三春町 ]・[ 三春町:観光 ]・[ 福島県:寺院 ]
福聚寺 福聚寺 福聚寺 福聚寺

スポンサーサイト

福聚寺(三春町):周辺・見所
馬頭観音堂 福聚寺
藩講所表門 法蔵寺
旧遠藤医院 高乾院
三春大神宮 龍穏院
真照寺 三春城(舞鶴城)
州伝寺 田村大元神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。