塙町: 安楽寺

  福島県:歴史・観光・見所(ホーム)塙町・観光>安楽寺

概要・歴史・観光・見所
安楽寺(塙町)概要: 安楽寺は福島県東白川郡塙町大字塙字上町に境内を構える浄土宗の寺院で、創建は室町時代末期の天文23年(1554)、宝誉玉泉上人(瓜連常福寺第9世)によって開かれたのが始まりと云われ、近世に入ると塙一帯の天領代官だった寺西家の菩提寺となっています。江戸時代末期には戸塚一揆が起こり、当時の代官だった筧伝五郎至方が安楽寺に立て篭もりましたが一揆勢に取り囲まれ自刃した場所でもあります。境内には水戸天狗党を率いた田中愿藏の墓碑があります。参道にある山門(四脚門:切妻、銅板葺、一間一戸)は文化年間(1804〜1818年)に当時の塙代官だった寺西重次郎が寄進したもので、かなり改造されているものの、塙町を代表とする古建築物として貴重な存在です。現在の本堂は弘化4年(1847)の火災で焼失後の嘉永2年(1849)に再建されたもので入母屋、桟瓦葺、平入、桁行6間、梁間5間、正面向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。本尊:阿弥陀如来座像。宗派:浄土宗。

安楽寺:写真

安楽寺
[ 塙町:歴史・観光・見所 ]
安楽寺 安楽寺 安楽寺 安楽寺

スポンサーサイト

安楽寺(塙町):周辺・見所
安楽寺 塙代官陣屋
雷滝(湯岐渓谷) 賢瑞院
古宿観音堂 白瀧不動尊
東浄寺 台宿薬王寺薬師堂
湯岐不動滝 湯岐八幡宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福島県:歴史・観光・見所」は「福島県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−福島県」、「日本の城下町−東北(二)」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」を参考にさせていただいています。